旬の食べ物の歴史!!|京都のデリヘル求人

店長ブログ 未経験者の方でも大歓迎 キャンペーン情報や耳寄りな情報が手に入るかも!
要チェック♪

旬の食べ物の歴史!!

09/13 01:36

こんばんは♪



涼しい日が続くようになり、秋のを到来を感じるようになりましたね。


秋と言えば、食欲の秋。


秋の味覚の美味しさに負けて、ついつい食べ過ぎちゃう!
なんて人も多いとは思います!!



秋は、柿や秋刀魚、松茸など、旬の味覚が盛りだくさん。


秋の味覚の中でも、実は9月が旬の「ブドウ」について♪



それでは、ブドウは一体いつから影響していたか知っていますか?
驚いたことに、ブドウの祖先は白亜紀からあるという事です!!
ブドウの祖先が誕生してから何千万年もの時を経て、ブドウ科の植物は世の中各所に繁栄するようになります。


その後氷河期を乗り越えた種が人間によって栽培されるようになったのです。


日本のブドウのはじまりは、山梨県の「甲州」日本古来のブドウ「甲州」日本古来のブドウ「甲州」日本では、縄文ご時世からブドウを食していたとされています。


ただしその頃人々が食べていたブドウは、今現在スーパーに並んでいるような、甘いブドウではないのです。


その頃のブドウはヤマブドウなどの、苦味や酸味のある種だったようです。


私たちがよく口にするブドウは、一体いつごろから日本にやってきたのでしょうか…。


日本で今のブドウが発見されたのは、奈良時代の事。


その頃山梨県で発見された「甲州」は、実際でも人気のある品種です。


甲州の発見には諸説あります。


一つは、雨宮勘解由(あめみやかげゆ)という人物が、甲州市で発見したという説。


二つ目が、奈良時代の僧侶である行基が、甲州に立ち寄ったときに持参した種を撒いたという説。


加えて最後は、渡り鳥によって中国から種が運ばれてきた説です。


ブドウは、こんなにも昔からあったと言うことです!!



ブドウだけでもこんなにも昔から歴史があるんですから


ほかの事を調べても面白いかも知れませんね!!!!



なんだかもっと美味しく感じそうですね♪

TEL0120-010-300
MAILs19800504s@docomo.ne.jp
LINE
×

簡単LINE応募

LINE QR

上記QRコードか、
IDを検索して応募して下さい → 「s19800504s」

お気軽にLINEでお問い合わせ下さい

× 閉じる