秋は温暖差が激しいので気をつけてください!!|大津・雄琴風俗の求人

秋は温暖差が激しいので気をつけてください!!

秋は温暖差が激しいので気をつけてください!!

10/12 03:33

秋の気候はとても変わりやすいです。


関東ではここ数日は暑さが戻ってきたかのような天候みたいでしたが、秋が深まるにしたがって徐々に気温が下がるようですね。


10月は季節の変わり目でもあるので、日中と夜の寒暖差も激しく、寝冷えをしてしまった、なんて事もあるかもしれません。


朝晩に咳や鼻水が出る、顔がかゆい、ムズムズする、調子がなんとなく悪い──。


この季節にそのような不調を感じたら、寒暖差アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。


7度以上の寒暖差は、自律神経の乱れを引き起こす確率が高まるので要注意です!!
冷気が体内に入るのを防ぐマスク着用は必須かもしれません!!



主な症状は「鼻水・鼻づまりなどで鼻がムズムズする」「くしゃみが出る」「じんましんが出る」「イライラなどストレスを感じる」「食欲減退や胃腸の不振」などが挙げられます。


気温差が激しい秋は、風邪っぽい症状と似ていますので風邪を引いたと考えがちです。


でも、もしかして寒暖差アレルギーの症状かもしれないとです!


寒暖差アレルギーはその名の通り、昨日までは気温が高かったのに、翌日に突然冷え込んだなど、寒暖差によって自律神経が乱れる事で起こります。


血管は冷たいと縮み、暑いと空間ます。


寒暖差が激しいと、血管の収縮が環境に追いつけなくなり、自律神経が誤作動を起こし、体に不調をもたらしてしまうのです。


自律神経は激しい気温差で乱れるのが特色です。



適切な防止策は健康状態管理。


体を冷やさない、体力をつけるなど
毎日の暮らしで気をつけていきましょう!!


軽い運動でリフレッシュしましょう!!



花粉症など一般的なアレルギーは、アレルゲンに反応して起こりますが、寒暖差アレルギーはアレルゲンやマルウェアは関連ないのです。


自律神経の乱れがきっかけですから、阻止策は体調の管理をしていく事となります。


寒暖差アレルギーの阻止策とは体を冷やさない  


冷える日はマスクやスリッパ、膝掛けなどを利用し、体が感じる温度差を少なくしましょう。


寒暖差が激しい日はとくに配慮。


血流をよくするように心がける事も防止策です。


その上、早寝早起きを心がけ、暮らしのリズムを整えていきましょう。


体力をつけていきましょう!
寒暖差アレルギーになりやすいのは、筋肉量の少ないお年寄りや女と言われています。


軽めの運動やウォーキングなどをして基礎代謝をあげていきましょう。


正しい食生活を心がけましょう!!


エネルギー源になるタンパク質や、疲労回復によいとされるビタミン、ミネラルなどをムラなく摂取する事を心がけましょう。


旬の野菜や、ショウガなどの体を温める食料品も積極的に摂取するとよいでしょう。


症状が長引くようなら病院で見てもらうようにしましょう


防止対策を行う事=ストレスを低減していく事なので、季節の変わり目はとくに体調管理をしっかりして行きましょう!!


 

×

写メール面接

QR

上記QRコードか、
アドレスを入力してください → 「info@sigmagirl.jp

正面よりお顔がはっきりと確認できる写真と全身の写真をお撮りください。

上記メールアドレスを送信先に設定してください。

※迷惑メールの設定をしている場合は、
info@sigmagirl.jp」からのメールの受信を許可する設定をしてください。


写真を添付して簡単なプロフィール(年齢・スリーサイズ・経験の有無など)を本文に入力して送信してください。

タイトルには「求人の問い合わせ」等と入力して下さい。

以上で簡単写メール面接終了です。

確認後迅速にご返信させていただきます。

× 閉じる

Tel:
0120-010-300
Tel:
090-8887-0040
Mail:
info@sigmagirl.jp

LINE

×

簡単LINE応募

LINE QR

上記QRコードか、
IDを検索して応募して下さい → 「s19800504s」

お気軽にLINEでお問い合わせ下さい

× 閉じる