赤線とは

風俗用語集

赤線とは

赤線とは公認で売春が行われていた地域のことです。

赤線は警察から許可をもらい、公認で売春を行っていたお店のある地域のことです。1946年から廃止となる1958年までの間営業していました。警察などの地図にその地域が赤線で囲ってあったことが名前の由来です。また非合法で売春営業を行われていた地域は「青線」と呼ばれています。50年以上前のことですが、吉原などの老舗店などではこの頃のことを知る経営者や男性客もいます。接客するときに赤線が話の中で登場することもあるので、ソープなどの風俗で働く方は知識として覚えておくと良いでしょう。

PAGE TOP