風俗嬢 膀胱炎とは

風俗用語集

風俗嬢 膀胱炎とは

膀胱炎は風俗嬢の職業病のひとつとして知られています。

膀胱炎は風俗嬢の職業病のひとつで、何度もトイレに行きたくなる・排尿後に痛みが残るといった症状があります。尿道から細菌が入ることで発症するため、様々な男性に秘所を責められる風俗嬢がかかりやすい病気です。特にアナルを使ったプレイを行うお店では可能性が高まります。膀胱炎になるとトイレを我慢できなくなり、重症になると小便の中に血液が混ざることもあります。ただ自然治癒することも多く、病院で処方される薬を飲むことで早期に治ることも多いです。風俗嬢として働く女性は、膀胱炎のことも頭に入れておくと良いでしょう。

PAGE TOP