手コキ 腱鞘炎とは

風俗用語集

手コキ 腱鞘炎とは

風俗では手コキのやりすぎが原因で腱鞘炎になることがあります。

腱鞘炎(けんしょうえん)とは主に手首・腕全体が痛む・腫れるといった症状の病気で、風俗では手コキをし過ぎることで発症する可能性が高まります。男性のペニスを握り前後に動かす手コキは、風俗の中でも腱鞘炎になりやすい接客内容です。腕や肘に痛みが広がることも多く、風俗での接客だけでなく、普段の生活にも影響してきます。初期症状として手や指にだるさや違和感が出る腱鞘炎は、場合によっては医師の対応が必要になります。オナクラや風俗エステなどの業種のお店で働くなど手コキをすることの多い方は、頭に入れておくと良いでしょう。

PAGE TOP