京都デリヘル高収入求人情報

BLOG 店長によるブログ配信中

チョコボール当たり判別「仲間外れの法則」とは

06/05 06:56

チョコボール当たり判別「仲間外れの法則」とは

森永製菓の「チョコボール」は金のエンゼル1枚、


銀のエンゼル5枚でおもちゃの缶詰がもらえる当たり付きのお菓子。


外観の違いから引き当てる裏ワザは古くから研究されています。


当初のチョコボールの当たり判別ポイントは“バリ”と呼ばれるパッケージの小さな突起でした。


チョコボールの当たりは見分けられた
チョコボールの当たり「銀のエンゼル」は当初、簡単に見分けられました。


当たりであるエンゼルはパッケージに直接、印刷されているため、


当たりとハズレのパッケージは異なる製造ラインで印刷しなければなりません。


このため、パッケージを加工する際に発生する「バリ」と


呼ばれる突起物の位置が当たりとハズレで明らかに違っていたのです。


しかし、以降の当たり攻略は複雑化の一途をたどっています。


誰にでも簡単に見分けられたため、メーカーである森永製菓が対策に乗り出したからです。


「ダミー」と呼ばれる“当たりと同じ位置にバリがあるハズレ”が、少数混入されるようになったのです。


以後は、パッケージ印刷の濃淡、外装フィルムの加工精度、折り曲げ位置の差異など、


多くのハズレとは異なる部分を持つ個体を探し出す「仲間外れの法則」でチョコボールの当たりを攻略するのが主流となっています。


チョコボールの当たり判別の法則
それでは、実際にチョコボールの当たりを判別する際に、


どのようなポイントで「仲間外れ」を見つけるのか、具体例を見ていきましょう。


なお、チョコボールの当たり判別法を検証したところ、銀のエンゼルは20個入りのケースに各1個ずつ入っていました。


例えば、チョコボールの「ピーナッツ」で見つけた「仲間外れの法則」は、


開封オビにズレのない6個のうち、底面にある「8」の刻印が「プラ」マークに掛かっていない1個だけが当たりでした。


チョコボールの「キャラメル」はルーペが必要になる例ですが、


裏面上端の合わせ目に相違点「仲間外れの法則」がありました。


間隔が広いのが当たりで、狭いのがハズレです。


チョコボールの「いちご」は上面のくちばしが折れ曲がる部分に「仲間外れの法則」がありました。


当たりは黄色い三角部分が大きく、ハズレは小さいのです。

Tel:
080-3694-0391
Mail:
sigmagroupkyujin@gmail.com

LINE

PAGE TOP