エラーコイン|京都人妻風俗求人

シグマガール

女性求人案内
tel. 0120-010-300
mail. s19800504s@docomo.ne.jp
24時間受付中

京都エリア | シグマグループ求人TOP

  • LINE
  • 応募フォーム
  • 写メ面接

ブログ

12/15 05:47

エラーコイン




こちらがその280万円の1円硬貨。









もはやただの円盤




 






もはやただの円盤









細かな傷などの使用感が見られるということは、この1円玉はこの状態で流通していたってことでしょうか???
それにこの形じゃロールできないですよね。








なんだか変です








そもそもこういったエラーコインは希少性が高いはず。 それなのになぜこれほどの量が流通するのでしょうか?


 



エラーコインの買取額の平均は約5万円



 




穴ズレエラーコインは、そのズレが大きければ大きい程価値が上がり、50円が買取額平均2~3万円。5円は更に価値が上がって買取額は数十万位になるそうです。




 




穴なしエラーは、50円は何故か昭和50年のものが多く流通しているので、買取額はそれ程でもありません。他の年号の50円や5円の穴なしがあれば、その価値は100万前後になるでしょう。




 



出典: https://matome.naver.jp/odai/2139510843246081901/2139511001647478303




傾打ズレは、最低でも15度以上のズレがあるものに価値が付き、大体数十万で買取が行われるようです。




 




陰打ち、裏打ちは10円に多いエラーコインですが、共にはっきりと模様が分かるものでないと価値がなく、こちらも買取額は数十万位です。ヘゲエラーに関しては、見た目があまり宜しくない点が原因で、他のエラーコインよりやや買取額の価値が下がる傾向のようです。




 


エラーコインの買取で共通する付加価値



 




 


その硬貨が製造された製造量が少ない、あまり流通していない硬貨。未使用に近い、或いは使われた事が無い。故意に磨かれていない。技術は日々進歩していくので技術が未熟だった古い硬貨より、近年の硬貨の方が価値が上がっていく。これらの要点はエラーコインの価値を左右する大事なポイントです。


 



 


お財布にあるかもしれないエラーコイン以外にも価値の有る硬貨、簡単な見つけ方



 




実は通常の硬貨でも価値の有るものが沢山!


昭和35年の50円は製造枚数が600万枚しかないとても貴重なもので、その買取額は大体250円位になるそうです。




 




他にもこんな50円が


特年号と言われる、極端に硬貨の製造数が少なかった年のもの。数千円は当たり前で、オークションで最高8000円で買取された事もあります。




 




通称「フデ5」と呼ばれる5円玉


筆で書かれたような楷書体で書かれている事からフデ5、とコレクターから言われています。昭和32年のものが一番価値が高く、美品で600円位、未使用だと8000円位になるそうです。




 




通称「手変わり」と呼ばれる10円


一見すると普通の10円玉と変わらないですが、昭和61年後期にだけ裏の模様に違いがあるそうです。その価値は6万~10万円位。




 


エラーコインの見つけ方、コインショップやヤフーオークションにて



 



 





エラーコインの見つけ方で一番簡単な方法は、やはり専門のコインショップやオークションで手に入れるのが一番早いです。コインショップもインターネット上で価格を見比べる事が出来るので、買う前に多数の店舗で一番安い所から入手するのがおすすめです。オークションでは盛んに取引が行われているので、欲しい年号やエラーコインが見つかる可能性が高いです。しかし、オークションでの見つけ方にはある重大な問題があります。日々エラーコインが取り引きされているという時点で、もしかしたらお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが...。


オークションのエラーコインはほぼ偽造です。


皆さん気お付けましょう。