愛知県生まれ長崎育ちのいちご「ゆめのか」|京都のデリヘル求人

店長ブログ 未経験者の方でも大歓迎 キャンペーン情報や耳寄りな情報が手に入るかも!
要チェック♪

愛知県生まれ長崎育ちのいちご「ゆめのか」

07/09 06:08

いちごは、とりたてはもちろん、近いところで収穫され短い流通で手元にやってくるものの方が、美味しい可能性が高い。


大粒いちご「ゆめのか」は、愛知県で生まれ、長崎県などの温暖な地域で栽培されていることが多いため、


関東以北ではあまり見かけない品種である。しかしいまは、通信販売などで産地直送品やフレッシュないちごが楽しめる時代。


選択肢のひとつとして、ゆめのかといういちごについて紹介したい。


1.バランスのよいいちご「ゆめのか」
豊洲市場の公式ツイッターが発表した、いちご断面図カタログが毎年話題だ。こ


れは絵本にもなっているため、ご存知の方も多いだろう。


時期や生産者によって微妙に異なるため、参考程度にとのことだが、いちご好きには興味深い。
その中で、「形と硬さ」で分類されている品種別分布図がある。


シュっとしている・まるっこい、硬い・柔らかいで表になっているのだが、表のちょうど中心に位置するのが、ゆめのかだ。


つまり豊洲市場を主としたいちごの流通の中では、それくらい、ゆめのかは形も硬さもバランスがとれているということだ。


見た目の特徴と味わい
子どもが絵にかいたような円錐形のいちごは、外皮の色むらが少ない。


ヘタの方までしっかりと赤い。果肉も淡い赤い色をしていて、切り口も美しい。
ゆめのかの重量は平均で20gとのことだが、大玉になりやすく、一粒40gを超えるものも珍しくない。


ショッピングサイト・ネット情報で1パック450gと書かれていても、いざ買ってみると12~15個しか入っていないのはこういうわけだ。


大粒なので、見栄えもよいうえに食べごたえもある。
ちょっとつまんで口に入れるというよりは、しっかり掴んでかじりつく。


固めで歯ごたえがあり果汁も多く、ジューシーな味わいだ。甘いいちご、といわれているが、適度に酸味もあり、爽やかである。

TEL080-3694-0391
MAILsigmagroupkyujin@gmail.com
LINE
×

簡単LINE応募

LINE QR

上記QRコードか、
IDを検索して応募して下さい → 「sgmkyoto」

お気軽にLINEでお問い合わせ下さい

× 閉じる

PAGE TOP