生わさび丼 伊豆天城の名物|大津・雄琴風俗の求人

生わさび丼 伊豆天城の名物

生わさび丼 伊豆天城の名物

01/23 06:46

 わさびはきれいな湧き水が豊富な山間部の水田で栽培されます。


 静岡県伊豆の天城が名産地なのも水がきれいだから。


主に栽培されている真妻(まづま)種は、


粘りが強く辛さの中にも甘みが感じられ、風味も抜群で最高級品種です。


 わさびは茎側に生長点があり、根の先は古い細胞になるので、


茎を切ってその根元からすりおろすとより風味がいいと思います。


 テレビ東京の「孤高のグルメ」でも紹介されたわさび丼が大人気です。


ご飯の上にかつお節をたっぷりと乗せ、その上にすりおろしたわさびが乗っているだけ。


醤油を回しかけて、豪快にいただきます。


新鮮なわさびは辛さと共にほんのりと甘みが感じられるほどで、爽やかでとても美味しいです。


刺身の引き立て役として常に脇役だったわさびが、主役に大抜擢された感のある丼ですが、


見事に堂々と主役を張った料理といえると思います。


酒粕のわさび漬けと、茎の部分の醤油漬けを添えました。


醤油漬けは白醤油を使うことで、わさびの緑色を生かします。


まさにわさび尽くし。ビールや日本酒のおつまみにもどうぞ。


【材料】2人分


生わさび………………1本


広告


Ads by Teads
かつお節………………1パック


醤油……………………適量


ご飯……………………2膳分


葉わさび………………1把


白醤油…………………大さじ3


みりん…………………大さじ1


酒………………………大さじ1


わさびの酒粕漬け……適量


【作り方】


1.葉わさびの醤油漬けを作る。


 葉わさびを3センチほどの長さにカットしザルに乗せ、80度の湯を回しかける


2.鍋に葉わさびを入れてふたを閉め10回鍋を振る。出てきた湯を捨て、


 保存容器に入れ、白醤油、みりん、酒を振りかけて2日間置く。


 これで葉わさびの醤油漬けはできあがり


3.生わさびをすりおろす。生わさびは葉の付け根を切り落とし、


 その頭側からサメ皮のおろし器で円を描くようにすりおろす


4.丼にご飯を盛り付け、かつお節を振りかける。


 真ん中におろした生わさびを乗せる。


 上から醤油を回しかけ、ご飯を混ぜながらいただく

×

写メール面接

QR

上記QRコードか、
アドレスを入力してください → 「sigmagroupkyujin@gmail.com

正面よりお顔がはっきりと確認できる写真と全身の写真をお撮りください。

上記メールアドレスを送信先に設定してください。

※迷惑メールの設定をしている場合は、
sigmagroupkyujin@gmail.com」からのメールの受信を許可する設定をしてください。


写真を添付して簡単なプロフィール(年齢・スリーサイズ・経験の有無など)を本文に入力して送信してください。

タイトルには「求人の問い合わせ」等と入力して下さい。

以上で簡単写メール面接終了です。

確認後迅速にご返信させていただきます。

× 閉じる

Tel:
080-3694-0391
Mail:
sigmagroupkyujin@gmail.com

LINE

×

簡単LINE応募

LINE QR

上記QRコードか、
IDを検索して応募して下さい → 「sgmkyoto」

お気軽にLINEでお問い合わせ下さい

× 閉じる

PAGE TOP