日本茶【おくみどり】|大津・雄琴風俗の求人

日本茶【おくみどり】

日本茶【おくみどり】

10/10 06:20

静岡茶や宇治抹茶など、日本茶にはさまざまな種類がある。


日本茶の区別としてもっとも知られているのが煎茶や抹茶といった茶葉の形状で、


逆にあまり注目されていないのが茶葉の品種だ。


茶葉の品種によって日本茶の味わいは変わってくるため、


どの品種をどのように加工しているかを知るだけで日本茶の楽しみ方が広がる。


ここでは「おくみどり」という品種を紹介する。


1.【おくみどり】とは?
日本全国で栽培されている茶葉の約75%は「やぶきた」という品種が占め、


残りの25%は特定の産地でしか作られていない品種であったり、新しく作られた品種だったりが占めている。


「おくみどり」は、やぶきたと静岡在来の品種をかけあわせて作られた品種で、


さわやかな香りとくせのない味わいが特徴である。


日本茶には1つの品種を単体で加工したものもあれば、複数品種をブレンドしたものもある。


おくみどりのくせのない味わいはブレンドに向いているため、ブレンドされた状態で売られていることもある。


さまざまなお茶に加工される
茶葉はどのように栽培・加工されるかで名称を変える。


煎茶や玉露、抹茶などがそれに当たる。品種によって加工の向き、


不向きがあるため煎茶に適した品種、抹茶に適した品種というものがある。


おくみどりは煎茶と玉露に加工されることが多い。


煎茶は一般的に日本茶といって思い浮かべられるお茶で、


日本で生産されているお茶の70%を占める。


一方で玉露は、日本茶のなかでも高級とされているお茶で、


苦みが少なく旨みが強いのが特徴だが、その秘密は栽培方法にある。


玉露にする茶葉は、茶摘みが行われる20日前から茶葉をよしずなどで覆い、


直接日光が当たらないようにする。


日に当たるのを防ぐことで、旨み成分が多く苦み成分が少ない茶葉ができる。


また玉露独特の香りである「覆い香」もこの作業によって生まれる。

×

写メール面接

QR

上記QRコードか、
アドレスを入力してください → 「sigmagroupkyujin@gmail.com

正面よりお顔がはっきりと確認できる写真と全身の写真をお撮りください。

上記メールアドレスを送信先に設定してください。

※迷惑メールの設定をしている場合は、
sigmagroupkyujin@gmail.com」からのメールの受信を許可する設定をしてください。


写真を添付して簡単なプロフィール(年齢・スリーサイズ・経験の有無など)を本文に入力して送信してください。

タイトルには「求人の問い合わせ」等と入力して下さい。

以上で簡単写メール面接終了です。

確認後迅速にご返信させていただきます。

× 閉じる

Tel:
080-3694-0391
Tel:
080-3694-0391
Mail:
sigmagroupkyujin@gmail.com

LINE

×

簡単LINE応募

LINE QR

上記QRコードか、
IDを検索して応募して下さい → 「sgmkyoto」

お気軽にLINEでお問い合わせ下さい

× 閉じる

PAGE TOP